エンジニア達

専門のメリット

手を上げる受講者

不動産の価格は様々な要因から値下げ傾向にあります。
それは買い手にとって安く土地を手に入れるチャンスなので、収益物件への投資が注目されるようになりました。
安価で取得した土地の上に、住宅や事務所を建てて賃料を取り立てれば、大きな利益を生む可能性があります。
しかしながら不動産に対して手を加えようとすると、隣人とのトラブルが悩みの種になります。
工事による騒音はもちろんの事ですが、それ以上に新しく何かを建てようとすると、隣人の敷地を侵犯する可能性があるのです。
それを事前に防ぐためには、土地家屋調査士によって敷地を明確にしておく事です。
理不尽な言い分に晒されても、法律によって保護された土地は安泰と言えます。

土地の所有が認められたのは、明治時代に入って法律が近代的になってからでした。
それ以前より土地の価値は認められていましたが、国の所有物とされていたのです。
国の持ち物を領民が借りている状態だったので、国が返還命令を出せば差し出すほかありませんでした。
そのせいで土地を直接的に扱った商売は、ほとんど浸透していませんでした。
欧州文化を取り入れた事で、ようやく土地を有効活用できるようになったのです。
そして現在でも土地に関するルールは、少しずつ整備されています。
土地家屋調査士による調査は、一般人の間でも知られるようになりました。
今後は土地のトラブルが起こっても、ヒートアップして喧嘩へと発展する前に、解決する方向へ導かれる社会になる事が期待できます。