エンジニア達

専門のテキスト

一戸建てと空

昔の宅地造成地がオーナーが変わったり、形状が変わってきますと、隣近所とのトラブルも発生しやすくなります。
関係者が存命のうちはよいのですが、代が変わったり、オーナーが変わったりすると、昔からの状況を知っている人たちもいなくなっていて困ってしまいます。
もちろん、法務局に行けば、構図というものがありますが、これが実態と異なっていることもあるので、決め手にならないこともあるのです。
それに土地を相続人で分筆する際にも、土地の面積や境界線のことでトラブルになることも起こりやすいことです。
そのようなときには土地家屋調査士にトラブルの調査を依頼することができます。
何よりも実測を用いて判断していきますので、現実的な解決ができるものです。

多くの場合、不動産鑑定業者などは測量関係も学習しているので土地家屋調査士資格を有しています。
そして、境界線の決め方や、トラブルの解決方法も多くの事例を基にアドバイスをしてもらえます。
家を建設したりするときには、まずこのような方々に相談して、周辺住民や関係者とトラブルが生じないように手続きを進めていくことが最善と言えるでしょう。
実測図面の作成はそれなりの費用が掛かりますが、長い目で見た場合、説得力を持ちますので、損にはなりません。
言い伝えや思い過ごしなど、今後のトラブル発生防止のためにも、それだけではなくてきちんとした図面を残しておくことです。
また、その機会を利用して境界杭を、関係者立会いの下でしっかりと決めておくことが大切なのです。